対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

ボイス・ボット

ボイスボットはチャットボットと似ており、どちらも人工知能を使って機械が人間と自然な言語でコミュニケーションをとることを可能とします。ボイスボットとチャットボットは人間の会話を理解し、適切に応答できる必要があります。

ボイスボットとチャットボットの主な違いは、ボイスボットが人間の話し言葉を音声から処理してテキストに変換するのに対し、チャットボットは人間の書き言葉をテキストから処理することです。
ボイスボットはIVR(Interactive Voice Response)システムをさらに高度に発展させる為に使用できます。ユーザーは、メニューオプションやプロンプトを聞く代わりに、ボイスボットと対話し、特定のリクエストをより迅速に実行できます。

従来のIVRシステムとは異なり、ボイスボットはお客様の要求を理解し、ソリューションを提供し、マルチタスクをこなすので、人間とほとんど見分けがつきません。

ボイスボットは企業のカスタマーサービス業務を改善し、迅速に拡大するのに役立ちます。ボイスボットのプラットフォームは何千人ものお客様と同時に対話し、それぞれにパーソナライズされたサポートやサービスを提供することができ、人間のエージェントはより複雑な問い合わせ課題に集中できます。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。