対話型AI Cognigy
利用シーン

飲食×AIチャットボット

レストランや飲食店では業務の効率化や生産性の向上による人手不足が課題となっています。また店内での飲食だけでなく、テイクアウトや宅配など消費者の飲食形態は大きく変化しています。対話型AIを導入すれば、セルフオーダーや決済の自動化により人手不足やあらゆる形態に対応することが可能となります。さらに注文や決済など、顧客とのやり取りをデータ化することで適切なレコメンドやデータ分析によるサービス改善を行うことも可能です。飲食店での対話型AIの活用方法や事例をご紹介します。


これまでの課題

  • 情勢に合わせたスタッフの確保が難しい
  • 多言語に対応できるスタッフの確保が難しい
  • セルフオーダーシステムを導入したい

AIチャットボット導入効果

  • 注文や決済をセルフ化することで少ない人員で運営が可能
  • 多言語対応AIチャットボットによりあらゆる顧客に対応
  • 店内飲食、宅配、テイクアウトに適したセルフオーダーシステムを作成可能

こんな方におすすめです

  • 自社のオーダーシステムを
    開発したい
  • 人員不足を
    解消したい
  • 注文データ等を分析し
    サービス改善に役立てたい

Cognigyのデモや詳細はコチラ


ローコーディングで高速実装が可能。
優れたエディタ機能により短期間での開発を実現します

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発可能です。
標準で外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

  • ローコーディングでAIチャットボットが作成できる
  • 様々なシステムと連携できる拡張性の高さ
  • 多彩な機能がバンドルされており作業効率が良い

人口減少に伴う労働者数の減少や人件費の高騰によって外食産業では慢性的な人手不足が深刻化しています。近年は人手が確保できずに営業時間を変更せざるを得ない状況になるなど、その深刻度は増しています。
そのような外食産業でも対話型AIを活用することで業務効率化や生産性の向上により、人手不足の解消が期待できます。
対話型AIプラットフォーム「Cognigy(コグニジー)」を導入することで飲食業界の業務やサービスにどのような変化をもたらすことができるかをご紹介します。

飲食業界での業務効率化・人材不足を対話型AIがサポート

対話型AIによるセルフオーダーシステム

飲食店でのセルフオーダーシステムに対話型AIを導入することができます。
飲食店のテーブルに注文用のQRコードを設置し、顧客がスマートフォンでQRコードを読み取ります。するとスマートフォンで注文を行うことができるようになります。
顧客は自分のスマートフォンからメニューを選んだり、対話形式で注文を行うことができます。顧客にとっては自然な会話を通して注文ができるため、複雑な操作を覚える必要もありません。
店舗にとっても、初期費用や維持費がかかるタッチパネルのシステムを導入する必要がなく、低予算で導入することが可能です。
このセルフオーダーシステムに決済機能を連携すれば、注文から支払いまでを顧客のスマートフォン上で行うことも可能です。

飲食店の予約受付の最適化

個人経営など小規模店舗では人手不足が深刻な場合が多くあります。
人手不足のために予約の電話がかかる度に業務を中断され、生産性の低下につながっていました。とくに飲食店では調理中等の場面も多く、そのたびに作業を中断しなければならないことは大きなストレスとなっていました。
そこで、この予約の電話を対話型AIに対応させます。
顧客から希望の日時やコースをヒアリングし、予約カレンダーを対話型AIが参照して空きがある日時で予約の受付を行います。予約が確定したらその内容をSMSなどで担当者に送信し、スタッフは手が空いた時にその予約内容を確認することができるのです。
対話型AIに一時対応を任せることで業務を中断することがありません。
また自社のデータベースなどと連携することで、AIが既存顧客か新規顧客かを判断することが可能です。
新規顧客であれば店への簡単なアクセスを案内したり、既存顧客であれば前回とは違う料理コースをレコメンドするといったことが可能になります。

業務マニュアルによる教育・サービス品質の均一化

飲食業界は慢性的な人手不足だけではなく、人の入れ替えが激しいことも特長の1つで、人材育成にかかる時間やコストは店舗にとって大きな負担となっています。
この教育コストの削減や、新しく雇用した人材を短期間で即戦力にするために対話型AIの業務マニュアルが活躍します。
業務マニュアルを対話型AIに学習させることで、新人の担当者は不明点があればその都度AI業務マニュアルを参照します。これは、人による教育の一部を対話型AIにより行うことで教育にかかるコストを削減できるだけではなく、これまで人により業務知識や経験で偏りが生じていた業務を標準化することができるので一定のサービスレベルを保つことができます。
また業務マニュアルはAIによる学習で常にアップデートされていくため、新しいルールなどにも適応することができます。

Cognigy デモンストレーション動画

飲食×AIチャットボット に関するCognigy(コグニジー)デモ動画をご用意しました。

こちらのデモ動画はFacebookのチャットから進行中の会話を、コンテキストを失うことなくウェブサイトに転送するインタラクティブなピザ注文チャットボットです。飲食店のFacebookページのチャットから注文を開始し、進行中の会話をそのまま引き継ぐ形でウェブサイトに転送して注文を完了させます。テキストチャットでの応答はもちろん、音声での応答にも対応しています。注文が完了した後、統合されたAmazon Alexaに注文にかかる時間を尋ねることもできます。
テキストチャットでのデモをお試しになりたい方は簡易なデモを本ページに用意しておりますので、右下の「デモチャットを開く」をクリックの上、お試しください。

導入までの流れ

対話型AIへ適応する課題の理解から、設計、データ準備、開発、導入/運用までの各フェーズをご支援致します。また、ご要望により、専用のAIモデルも構築致します。

図:導入までの流れ
対話型AIプラットフォームとチャットボットの違いはなんですか

Cognigyは通常のチャットボットの単純なルールベースでの応答のみでなく、自然言語処理や音声入力、外部APIなどの高度な機能を利用したボットをGUIの操作のみで作成可能です。またLINE、Teams、Slack等の多様なエンドポイントクライアントからの利用にデフォルトで対応しています。

Cognigyとは

外国語には対応していますか

多言語に対応しています。英語、中国語、韓国語を始め、18か国語でご利用可能です。
多言語チャットボットの活用事例をこちらでご紹介しております。

AI翻訳・多言語対応型チャットボット活用事例

このように飲食業界で抱えている課題解決や、ホスピタリティの向上に対話型AIはさまざまな解決策を提供します。
現在、さまざまな企業が対話型AIのツールやサービスを提供していますが、対話型AIプラットフォーム「Cognigy(コグニジー)」はプラットフォームのため比較的簡単に対話型AIを作成できる点や複数の対話型AIを1つのプラットフォームで運用できることが特長です。

Cognigy

これまで対話型AIを作るにはプログラミングを行う必要があり、作成者にある程度のスキルを持っていることが前提とされていました。
しかしCognigyは優れたエディタ機能により、ノンプログラマーの方でも短期間で拡張性の高い対話型AIを開発することができます。 業務に必要なタイミングで必要なAIを業務担当者が数日で開発することができるのです。
また、Cognigyは企業のあらゆる業務を効率化するための複数の対話型AIを1つのプラットフォーム上で作成、運用することができます。
AIコンシェルジュが応対した顧客の様々なデータは、サービスや顧客満足度改善のヒントになる情報がたくさん眠っています。
例えば、電話予約の受付や来店時のセルフオーダーでやり取りした会話のデータを自社ホームページのWEBチャットボットやプロモーションのターゲティングデータとして利用するといったように応答のデータを様々な企業の強みに変えることができるのです。







Cognigyのデモや詳細はコチラ


飲食×AIチャットボット 関連記事一覧