営業×AIチャットボット

受発注業務や顧客対応、Salesforceの操作、スケジュール管理など多岐にわたる営業業務を対話型AIにより効率化することができます。
営業秘書のように対話型AIを活用することで、営業マンは商談に集中することが可能になります。また営業活動をデータ化し、それらを分析することで商談機会の創出につなげることも可能です。


これまでの課題

  • 業務管理ツールを複数導入しており、情報が統合されていない
  • CRMへの入力漏れや計測漏れが発生している
  • 顧客対応に追われて営業機会を見逃している

AIチャットボット導入効果

  • 複数のチャネルの情報を統合し一元管理が可能に
  • CRMへの情報入力漏れが激減
  • 業務効率化により営業活動に集中

こんな方におすすめです

  • 営業1人ひとりの生産性を上げたい
  • タイムリーに営業情報を共有したい
  • 営業の属人化を脱却したい

営業における対話型AIの活用

営業担当者は顧客との商談以外にもスケジュール管理、顧客対応、商談管理など様々な業務に追われています。これらの業務を補佐する秘書がいれば、営業担当者は商談に注力することができます。
ただし、営業一人ひとりに秘書をつけることは人的リソースや採用の面でも難しい場合が多く、現実的ではありません。
対話型AIを営業のあらゆる業務に活用するとどのような業務が最適化されるのでしょうか。対話型AI「Cognigy(コグニジー)」を活用することで、もたらされる様々なメリットについてお伝えします。

インバウンド対応の自動化

対話型AIをRPAと組み合わせることで顧客からの電話対応を自動化できます。インバウンド電話に対して商談のアポイントであればカレンダーを参照して日程を調整したり、既存顧客からの電話であればセールスフォースなどの顧客管理データベースから関連する情報を参照したうえで顧客と会話をすることができます。会話と同時進行で即座にRPAで処理を実行することで事務作業の多くを自動化できます。

  • インバウンド対応を自動化する
  • 24時間365日均一化された品質の応対を実現
  • 営業担当者の電話負担を減らす

ディーラー向けBtoBボット

Cognigy動画事例

CognigyはRPAと組み合わせて活用することにより、コミュニケーションだけでなくシステム操作や実行も行うことができます。こちらの動画では、ボットが会話を進めながら会話内容に応じた情報の取得、商品の注文、レポートのダウンロード、アカウント作成など様々な処理を自動化する例をご覧いただけます。


Salesforce(セールスフォース)との連携

SlackやMicrosoft Teamsなどのチャットツールや電話、SMSなどにRPAと組み合わせた対話型AIを搭載すれば、システムにログインすることなくセールスフォースへの顧客情報や商談情報の入力、セールスフォースの情報参照を行うことが可能です。セールスフォースに情報を一元化する段階の事務作業を効率化することで、セールスフォースへの情報集約の精度が高まり、営業活動の更なる効率化につなげることができます。セールスフォースへの入力を音声対応とすることが可能なので時間の節約や、車での営業活動でも業務効率化に繋がります。

  • 営業データのリアルタイムの一元管理を実現
  • 社員の生産性向上に貢献
  • 営業を仕組化することでスケールを容易に

対話型AIを活用してハンズフリーで音声操作

Cognigy動画事例

忙しい毎日のオペレーションの中で、UI上に必要事項を入力することはいつでも容易にできるというわけではありません。Cognigyは、電話一本でシステムにアクセスできるようにすることで、営業ドライバーの業務をよりスマートに行うことを可能とします。Cognigyで作成したチャットボットは営業担当者が使用するフレーズを理解して柔軟に対応することでシステムの運用をよりスムーズにし、営業の生産性を瞬時に向上させます。


対話データ&顧客情報の一元管理

ボイスボットやLINE、WEBチャットなどを介した会話データやSalesforceやCRMなどの顧客管理(CRM)ソフトウェアの顧客データはCogingyで一元管理できます。営業活動に関する複雑な情報管理を対話型AIに一元管理させることで、情報管理に割く手間や時間を省けます。またこれまで可視化することが難しかった営業活動をデータ化でき、ダッシュボード上で分析することでさらなる効率化につなげることができます。

  • チャネル間のデータを一元管理
  • 30以上のサードパーティーと連携
  • パーソナライズされた顧客対応を可能に

迅速な統合を可能にする豊富なエクステンション

サードパーティ

Cognigyは、Salesforce、Zendesk、Dialogflow、Hubspotなど30以上のサードパーティシステムに簡単かつ安全に接続できます。ライブラリにないアプリケーションの場合でも、包括的なAPIに基づいて独自のエクステンションを構築可能です。Cognigyの統合機能により、あらゆるサードパーティのソース間でデータを共有できます。

Cognigyはローコードで高速実装が可能
優れたエディタ機能により
短期間での開発を実現します

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発可能です。
標準で外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

Cognigyとは

  • 簡単に構築可能

    ビジネスユーザでも簡単にフロー構築が可能な
    ローコードでの対話ロジック構築

  • 拡張性が高い

    音性やLINEなど多様なチャネルやサービス上で展開ができ、
    1clickで連携可能

  • 操作性・機能性の高さ

    SalesforceやSAP、UiPathなど
    多くのサードパーティ製品との連携をサポート

  • スムーズな会話を実現

    業界をリードするNLP、NLUで
    人と会話しているようなスムーズな応答を実現


次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。


導入までの流れ

対話型AIへ適応する課題の理解から、設計、データ準備、開発、導入/運用までの各フェーズをご支援致します。
また、ご要望により、専用のAIモデルも構築致します。

導入までの流れ

よくある質問

対話型AIプラットフォームとチャットボットの違いはなんですか

Cognigyは通常のチャットボットの単純なルールベースでの応答のみでなく、自然言語処理や音声入力、外部APIなどの高度な機能を利用したボットをGUIの操作のみで作成可能です。またLINE、Teams、Slack等の多様なエンドポイントクライアントからの利用にデフォルトで対応しています。

外国語には対応していますか

多言語に対応しています。英語、中国語、韓国語を始め、20か国語でご利用可能です。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。