対話型AI Cognigy
利用シーン

営業×AIチャットボット

受発注業務や顧客対応、Salesforceの操作、スケジュール管理など多岐にわたる営業業務を対話型AIにより効率化することができます。
営業秘書のように対話型AIを活用することで、営業マンは商談に集中することが可能になります。また営業活動をデータ化し、それらを分析することで商談機会の創出につなげることも可能です。


これまでの課題

  • 業務管理ツールを複数導入しており、情報が統合されていない
  • CRMへの入力漏れや計測漏れが発生している
  • 顧客対応に追われて営業機会を見逃している

AIチャットボット導入効果

  • 複数のチャネルの情報を統合し一元管理が可能に
  • CRMへの情報入力漏れが激減
  • 業務効率化により営業活動に集中

こんな方におすすめです

  • 営業1人ひとりの
    生産性を上げたい
  • タイムリーに
    営業情報を共有したい
  • 営業の属人化を
    脱却したい

Cognigyのデモや詳細はコチラ


ローコーディングで高速実装が可能。
優れたエディタ機能により短期間での開発を実現します

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発可能です。
標準で外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

  • ローコーディングでAIチャットボットが作成できる
  • 様々なシステムと連携できる拡張性の高さ
  • 多彩な機能がバンドルされており作業効率が良い

営業担当者は顧客との商談以外にもスケジュール管理、顧客対応、商談管理など様々な業務に追われています。これらの業務を補佐する秘書がいれば、営業担当者は商談に注力することができます。
ただし、営業一人ひとりに秘書をつけることは人的リソースや採用の面でも難しい場合が多く、現実的ではありません。
そんな秘書業務に対話型AIを活用することができます。対話型AIによるAI秘書を活用するとどのような業務が最適化され、営業の現場はどのように変わるのでしょうか。
ここでは対話型AIを活用したAI秘書の活用により営業がどのように効率化されるのかご紹介します。

営業における対話型AIの活用

Salesforce(セールスフォース)との連携

多くの企業でSalesforce(セールスフォース)などの顧客管理(CRM)ソフトウェアソリューションが導入されています。
この顧客や商談のデータベースとなるセールスフォースと対話型AIを連携することで営業活動の効率アップや顧客情報の適切な共有、および情報管理が実現可能になります。
SlackやMicrosoft Teamsなどのチャットツールや電話から対話型AIを介して、セールスフォースへの顧客情報や商談情報の入力、セールスフォースの情報参照を行うことも可能です。
営業担当者が外出先で顧客情報を参照したい場合も対話型AIに話しかければ情報を掲示してくれるため、膨大なデータの中から必要な情報を探す手間が省けます。
このようにセールスフォースに情報を一元化する段階の事務作業を効率化することで、セールスフォースへの情報集約の精度が高まり、営業活動の更なる効率化につなげることができます。

スケジュール管理の最適化

営業担当者は商談のための訪問や顧客対応など、時間の配分やスケジュール管理も重要な仕事の1つです。対話型AIをカレンダーに連携することで、スケジュール管理を効率化することが出来ます。例えば「○○日の××時~●●時に、△△様と打ち合わせの予定を入れて」「■■さんと××さんと打ち合わせをしたいんだけど、空いているところに予定を入れて」「今日の●●時の打ち合わせにプロジェクターとビデオカメラを予約して」等、秘書に話しかけるように事前に学習済みの対話型AIに話しかけるだけで、スケジュールの確認や調整、会議に必要な備品の予約等を行うことが出来ます。

もちろん、音声だけでなくSlackやメッセンジャーなどのアプリケーションを通じたやり取りも可能です。
近年の自然言語処理技術の進化によって、AIは人間の言葉を文脈レベルで理解可能になりつつあります。対話型AIに「1日の予定を教えて」と話しかければ、1日のスケジュールや関連する商談の参照リンクを表示してくれるのです。営業担当者はその都度カレンダーを参照したり登録する必要がなくなるので業務の効率化につながります。

顧客からの電話対応最適化

営業担当者は顧客との電話対応も多く発生します。それらの電話の一次対応を対話型AIで行うことが可能です。
商談のアポイント調整であればそのままAIがカレンダーを参照して調整することができますし、営業担当者と会話する必要がある場合でも事前にある程度のヒアリングを行い、その応答内容を営業担当者に引き継ぐことができます。
また、既存顧客からの電話であればセールスフォースなどの顧客管理データベースから関連する情報を参照しながら顧客と会話をすることができます。
このように営業担当者の電話負担を減らし、さらに効率化することができるのです。

Cognigy デモンストレーション動画

営業×AIチャットボット に関するCognigy(コグニジー)デモ動画をご用意しました。

カーディーラーのディーラー向けポータルサイトのB2Bボットのデモ動画をご紹介します。この動画では、下記の機能をご確認いただけます。
- JIRA から顧客のインシデントステータスを取得
- 異なるモデルのための車の部品を検索して注文する
- ボットが近隣のディーラーを提案し、Salesforceで注文する
- 販売レポートのダウンロード
- 新しいユーザーアカウントを作成する

チャットボットによる商談登録については、右下のデモチャットから簡易のデモもお試しいただけます。

導入までの流れ

対話型AIへ適応する課題の理解から、設計、データ準備、開発、導入/運用までの各フェーズをご支援致します。また、ご要望により、専用のAIモデルも構築致します。

図:導入までの流れ
対話型AIプラットフォームとチャットボットの違いはなんですか

Cognigyは通常のチャットボットの単純なルールベースでの応答のみでなく、自然言語処理や音声入力、外部APIなどの高度な機能を利用したボットをGUIの操作のみで作成可能です。またLINE、Teams、Slack等の多様なエンドポイントクライアントからの利用にデフォルトで対応しています。

Cognigyとは

外国語には対応していますか

多言語に対応しています。英語、中国語、韓国語を始め、18か国語でご利用可能です。
多言語チャットボットの活用事例をこちらでご紹介しております。

AI翻訳・多言語対応型チャットボット活用事例

営業活動に関する複雑な情報管理を対話型AIに一元管理させることで、情報管理に割く手間や時間を省けます。
役員だけでなく、営業担当者一人ひとりにAI秘書を取り入れることで企業全体の営業活動の効率化に貢献します。またデータを一元管理することで、これまで可視化することが難しかった営業活動をデータ化することができ、それらのデータを分析することでさらなる効率化につなげることができます。
さらに外出が多い営業担当者にとって、スマートフォンから会話で操作できるという点もAI秘書のメリットとなるでしょう。

「Cognigy(コグニジー)」は、これらの対話型AIを比較的簡単に作成することができる対話型AIプラットフォームです。
Cognigyは優れたエディタ機能により、ノンプログラマーの方でも短期間で拡張性の高い対話型AIを設計することができます。営業活動の効率化やAI秘書にご興味のある方はCognigyをぜひご活用ください。

Cognigyのデモや詳細はコチラ


営業×AIチャットボット 関連記事一覧