対話型AI・AIチャットボット ガイド

対話型AI/AIチャットボットの仕組み

対話型AIはユーザーのクエリを理解し適切な応答を考え出すことで、人間と機械のやり取りを単純化することを目的としています。
しかし、それはどのように機能するのでしょうか?次の図をご参照ください。

対話型AIの仕組み

Cognigyのプロセスは、顧客がバーチャルチャットオプション(左側に表示)を使用してエージェント(または、顧客が考えているもの)とやり取りをすることから始まります。
一方、AIは会話を解読して関連する返信を作り上げるために、バックエンドでスマートに動作します。これは、自然言語と機械学習モデルを活用して文の構造、ユーザーの意図、日時などの重要な用語を理解することで行われます。

例えば、あるユーザーがあなたのウェブサイトに来て、AI を使ったチャットボットを使用していると想像してください。
顧客が「ハム入りピザを注文したい」というフレーズを入力します。AIはこれをどのように処理するのでしょうか。まず食べものを注文するという会話の意図を解読し、食べ物の種類(ピザ)やトッピングの選択(ハム)などの詳細を取得します。
同様に、フレーズが「明日の朝8時にチーズではなくハム入りのピザを注文したい」だとしたら、追加の詳細情報としてトッピングとして「チーズ」のネガティブマーカーが含まれ、配達枠は「明日の朝8時」に設定されていたでしょう。

ダイアログ・オートメーション・レイヤーはAIエンジンからの結果を会話ロジックのふるいにかけます。そして、会話を360度俯瞰するためにこのレイヤーはSAPやSalesforceなどのバックエンドシステムと連携して顧客のプロフィールを把握していきます。

ユーザーが「スペシャルを見たい」と言った場合を例に、実際にどのような処理が行われるか見てみましょう。
AIエンジンはユーザーの意図を “specials request “として識別し、その情報をダイアログ・オートメーション・レイヤーに渡します。
このレイヤーはバックエンドの電子商取引システムと静かに連携して、その日や週のスペシャルを取得します。
ここで重要なのは、通信媒体が常にテキストの会話である必要はないということです。実際には音声(SSML)、画像、ビデオの他に車のような独自のチャネルを介したコマンドの形であることさえあります。

コグニジーとは

Cognigyは短期間で拡張性の高い対話型AI(カンバセーショナルAI)を設計・開発可能とするプラットフォームです。
高度な自然言語処理と強力なプロセス自動化機能を融合し、最適なソリューションをご提供します。

CONTACT US お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。

  • メールでのお問い合せ お問合せフォーム
  • 資料請求フォーム