利用シーン

介護×AIチャットボット

介護業界では深刻な人手不足が課題となっており、その課題を解決するためにロボットやAI(人工知能)の活用が期待されています。
介護現場における対話やコミュニケーションをAIチャットボットに置き換えることで、どのように介護士の業務負担を軽減したり利用者のサービス利便性を高めることができるか、その事例をご紹介します。


介護士は利用者の生活をサポートすることがメインの仕事です。
しかし、介護士はそれ以外にも介護日誌の作成、ご家族の相談に応じたケアプランの作成、電話対応や事務作業など多くの仕事を担っており、負担が大きくなっています。介護士が専門業務である利用者の生活サポートに多くの時間を割けるように、その他の業務の効率化が求められています。

また新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、ウィズコロナ/アフターコロナの時代は極力人との接触や密な状態を減らすサービスの提供が求められます。生活の補助を行う介護ロボットの導入をはじめ、介護サービスを提供するまでのやり取り、利用者の家族とのコミュニケーションを完全にオンライン化する流れは今後急速に進むでしょう。オンライン化を進めるにあたリ重要なことは、高齢者や現場のケアマネージャーが使いやすいツールであることです。介護中は手がふさがっていることが多いことや、操作を覚える必要が少ないことから、音声により操作できるツールが好まれるでしょう。そんな音声で操作したりコミュニケーションをとることができる、AIチャットボットの活用についてご紹介します。

対話型のAI(人工知能)が、さまざまな業務の効率化を実現します。

Cognigy

Cognigy(コグニジー)は人とサービスを言葉でつなぐことができる対話型AIプラットフォームです。
コミュニケーションの自動化や均一化された応答品質、スタッフ不足解消などを実現するために
様々なサービスやシステムとお客様をつなぎます。
今まで手が届かなかったサービスやリソースが不足して実現できなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。

Cognigyとは

介護における対話型AIの活用

日報作成などの記録業務を効率化

「誰がどのような介護ケアを受けたか」「どのような問題が発生したか」を家族やチームで共有するために、細かく介護内容を記録する必要があります。
これらの記録作業は手間や時間がかかり、介護士の大きな負担となっています。
この記録に関する作業をAIチャットボットで行うことができます。AIチャットボットを搭載したスマホに「日報を記録したい」「○○さんの入浴は19時に完了」と話しかければ、音声のみで日報の入力を完了することができます。
LINEに搭載すれば、友達にメッセージを送るように日報を記録することができます。パソコンやスマホアプリを開いて入力をするという手間を省略することができるのです。

業務マニュアルによる人材育成の効率化

介護職は仕事内容が精神的肉体的にきつく、離職率が高い職業といわれています。高齢化社会が本格化する今後はさらに人手が必要になり、新たな人材の確保が重要となってきます。
新たな人材の育成・教育には、整備された業務マニュアルが有効です。そこで、業務マニュアルを学習させたAIチャットボットを用意します。業務で不明な点はすべてチャットボットを通して解決していくのです。
チャットボットがあれば不明点を自分で解決することができるので、先輩職員に質問が集中したり、マニュアルを検索をする必要がありません。自分の言葉で知りたいことを自由に検索ができるので、初心者にありがちな「分からないことが、分からない」といった状況にも対応することができます。
また、訪問介護など単独で現場に行く場合でも、マニュアルを搭載したスマホを携帯すれば自己解決できるという安心感を得ることができます。

詳しく見る


チャットボットによるメンタルヘルスケア

コミュニケーションを行うことができるチャットボットは、日常会話の話し相手やちょっとした作業を依頼するためのロボットとしても活用することができます。
「介護士を呼びたい」「家族に電話をかけたい」といった行動の要望だけでなく、「今日の天気を教えて」「今日のご飯はなに?」といったような日常会話についても学習させることで対応できます。
また、自分の好きなタイミングに話しかけることができるので、人間よりも気を遣わなくてすむというのもメリットの一つです。会話のデータはCognigy上でリアルタイムに分析することができるので、介護士が把握しにくい個人の問題についてもチーム内で共有することができます。
コミュニケーションの一部をロボットが対応することで利用者だけでなく、介護士の精神的な負担を減らすことができるというメリットもあります。

Cognigyの利点は、AIチャットボットを誰でも簡単に作ることができるプラットフォームだという点です。
担当者がチャットボットを必要に応じて自由に作ることができます。利用者様向けのコミュニケーションチャットボット、介護士向けの業務用チャットボットをCognigy1つで運用管理することができるのです。

また、新しいシステムや機械は操作を覚える必要があるため、なかなか浸透しません。
特に高齢者やITツールに不慣れな方が多い介護現場では、新しく操作を覚える必要があるものは導入が難しいでしょう。
CognigyはLINEやAIスピーカーに接続することができるので、音声や慣れ親しんだインターフェイスで操作することができます。特に話しかけるだけで使えるという手軽さは、高齢者の方に受け入れられやすいでしょう。

ご紹介した以外にも介護業界の様々な業務効率化やサービス品質向上にAIチャットボットを活用することができます。ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。 Cognigyのデモや詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。


介護×AIチャットボット 関連記事一覧