事例デモ動画

自動車事故のロードサービスを対話型AIで自動化

自動車

ロードサービスとメッセージアプリを連携 – Cognigyでドライブをサポート

軽度の交通事故や些細な不具合などでも、車のトラブルは大変大きな悩みの種です。どんなに手厚い保険に加入していても、道路上で電話を待たされたり、必要書類を用意したりするのは大変煩わしいプロセスだと、車を所有する人なら誰もが感じたことがあるでしょう。鍵の紛失やタイヤのパンクなどのマイナーなトラブルを手作業で処理するといことは、コンタクトセンターの負担を増加させていて、なおかつコストに大きな影響を与えていることを意味します。

では、どうすればお客様に安心・安全の体験を提供しつつ、事故対応コストを削減することができるのでしょうか?対話型AIチャットボットを使って、軽度なロードサービス案件への対応を完全に自動化するのです。

以下のビデオでは、ドライバーの視点から、メッセージアプリWhatsAppを介してマイナー事故の処理が自動で行われる様子をご覧いただけます。マイナーアクシデントを起こしたドライバーは、チャットを開き、本人確認、加入保険が費用をカバーするかどうか、必要書類の確認など、一連のサポートを瞬時に行う様子が紹介されています。Cognigyを活用することで、コンタクトセンターのボリューム削減、プロセスの高速化、顧客満足度の向上を実現しています。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。Cognigyのデモや詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。