対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)とは、ロボットを利用してビジネスプロセスを自動で実行する技術のことです。

ロボットエージェントはローコードアプローチで構成されており、RPAは多くの企業にとって技術的な障壁が少なく、導入し易いソリューションとなっています。
RPAは、人間とコンピューターのやり取りを模倣し、反復的で労働集約的なタスクを自動化するために使用されることが多いです。RPAは在庫管理、データ移行、請求書発行、CRMデータの更新など、ほとんどのビジネス分野で使用されていますが、これらに限定されるものではありません。

RPAには多くのメリットがあります。従来の自動化とは異なり、RPAは既存のアプリケーション間の統合を必要とせず、基盤となるシステムを変更しないため、複雑な開発作業を行う必要がありません。

また、RPAは反復的で大量のタスクを人間のスタッフが達成できる以上の高い精度で24時間365日実行することができます。これにより、貴重な人的資源がより複雑で重要な業務に集中できるようになり、従業員の満足度向上にもつながります。
RPAへの投資は定型業務の完成度を高め、従業員の才能を最大限に活かすことができることから一般的に高いROIを実現します。
対話型AIとRPAを組み合わせることで、企業は音声やチャットなどのチャネルやさまざまなソーシャルプラットフォーム(FB、Slackなど)を通じてサービスを提供でき、従業員や顧客にとってより直感的で利用しやすい自動化を実現できます。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。