対話型AI Cognigy
連携チャネル / サードパーティ

チャネル

顧客との接点が増えると、ビジネスに大きなインパクトをもたらします

顧客・事業者双方にとって顧客接点の拡大は大きなメリットをもたらします。
また、顧客接点の拡大とあわせて、常にシームレスで一貫性のある会話を作ることが重要です。

  • 25

    マルチチャネル・カスタマーエンゲージメントにAIを組み込むことで業務効率が向上 – Gartner

  • 85

    デジタルを利用する消費者のうち、購買フロー完了までに複数のデバイスを利用する人が多い – Google

  • 64

    AIチャットボットを導入した事業者は、多くの時間を複雑な問題の解決に費やすことができるようになった – Salesforce


拡張性の高い対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigyは人とサービスを言葉でつなぐことが出来る対話型AIプラットフォームです。
あらゆるチャネルやサードパーティツールと連携し、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

Cognigy

オムニチャネルを実現する
豊富な接続先チャネル

CognigyはAIチャットボットを数秒で展開し、音声やテキストベースのあらゆるチャネルでの会話を自動化します。
チャネル間で会話のコンテキストを維持し、インタラクションポイント間のシームレスな引き継ぎを可能にすることで、
一貫したユーザーエクスペリエンスを実現します。

連携チャネル

  • WEBチャット
  • 電話
  • LINE
  • Facebookメッセンジャー
  • Microsoft Teams
  • Slack
  • WhatsApp
  • Amazon Alexa
  • DialogFlow
  • Google Actions
  • Intercom
  • Azure bot service
  • RingCentral Engage
  • Sunshine Conversations
  • Twilio
  • Userlike
  • Workplace

迅速な統合を可能にする
豊富なエクステンション

データがCRM、ERP、RPA、その他のシステムにあるかどうかに関わらず、
Cognigyの統合機能により、あらゆるサードパーティのソースとの間でデータを読み書きすることができます。

ライブラリにないアプリケーションの場合でも、包括的なAPIに基づいて独自のエクステンションを構築することもできます。

すべてのエクステンションを見る
Abbyy VantageVantage Skillsを実行し、トランザクションの結果を会話で使用する
Avaya VoiceボイスコントロールにAvayaを使用する
AWSAWSファンクション(S3、Lambda、Polly)を使用する
Bamboo HR従業員情報の取得する
CalendlyCalendlyからのミーティング情報を使用する
Cognigy Webchatアバターを変更する (ユーザー、ボット、エージェント)
Cognigyカスタマイズされたノードを使用する
ConfluenceConfluence を検索する
Cryptoハッシュを使う
DeepLテキストメッセージを翻訳する
DHL配送状況の確認とDHLの拠点を検索する
Elastic Searchデータベース内のアイテムを検索する
Facebook Messengerユーザーの位置情報を取得する
File UploadAWSやAzureへファイルをアップロードする
Fuzzy Search不特定多数(ファジー)な検索を行う
Google FirebaseFirebase Realtime Databaseへデータを保存する
Google MapsGoogleマップを使用する
Google SheetsGoogle スプレッドシートを使用する
Google TranslatorGoogleトランスレーターを利用する
Hereジオロケーションを取得する
iCal ConversioniCal を JSON に、またはその逆に変換する
HubspotハブスポットのCRM情報を利用する
Jiraチケット情報を取得する
KofaxRPAロボットを起動する
Language Detection文章の言語を検出する
Marvel APIMarvel Comicsの情報を利用する
Microsoft AzureAzure Cognitive Servicesを使う
Microsoft Azure DevOpsワークアイテムの作成と取得を行う
Microsoft Power AutomateMicrosoft Flowを実行する
Microsoft SharepointSharepointのリストとサイトの情報を取得する
Microsoft Dynamics 365連絡先やアカウントを管理する
Microsoft GraphGraph APIにログインし、使用する
Microsoft QnA MakerQnAメーカーのナレッジベースに接続し、ユーザーの質問に答える
Monday.comボードと統合する
News最新のニュースヘッドラインを取得する
Open Weather Map現在の天気情報を取得する
ParcelLabパッケージ情報を取得する
Patterns入力されたテキストの中からパターンに基づいて検索結果を表示する
Random Cat Image拡張機能の例を表示する
Salesforce CRMSalesforceのEntityへのログイン、管理、検索を行う
Salesforce Service CloudSalesforce Live Chatでの会話を可能にする
Service Nowインシデント、サービスカタログ、知識記事を管理する
Service Now Table APIService Now Table APIと統合する
SlackSlackチャンネルへのメッセージを送信する
Stripe支払いと顧客の処理を行う
Sunshine Conversationsスイッチボードと通知のタスクを実行する
TwilioTwilioでSMSを送信する
UIPath OrchestratorUiPath Orchestratorと統合する
TyntecSMSメッセージを送信する
VonageSMSとVerify Pinメッセージを送信する
WikipediaWikipedia記事を検索する
YextYextのエンティティ情報を提供する
ZendeskZendeskでのチケット管理、ヘルプセンター記事の検索、エージェントの空き状況を確認する
プラグ&プレイ機能

プラグ&プレイ拡張機能

ワンクリックで直感的にSNS等のチャネルやサードパーティの統合機能を使用することができます

エクステンションは、会話のフローエディターに直接接続することができ、安全に展開することができます。あらかじめ構築された拡張機能の豊富なライブラリにより、コーディングの手間をかけずに、数分で多くのビジネスアプリケーションにバーチャルエージェントを統合することができます。すべての統合機能はオープンソースであり、自由に拡張することができます。


よくあるご質問

外部システムとの統合は簡単ですか?
Cognigyは、非常に柔軟でカスタマイズ可能な企業向けソリューションを提供する包括的なプラットフォームパッケージです。内蔵ノードにより、コーディングなしで外部統合を作成することができ、ユーザーインターフェースにカスタム機能を追加することができます。さらに、すべてのCognigyの機能はAPIを介して外部からアクセス可能で、外部システムから有効化または作成することができます。
API連携可能なサービスはどのようなものがありますか?
HTTPリクエストによるものであれば任意の外部APIと連携が可能です。例えばGoogleマップの位置情報APIを用いた現在地からの経路検索などが可能です。
情報の取得・保存やプロセスの実行にはどのようなタイプの統合が可能ですか?
Cognigyは、会話の流れの中で情報を送受信するためのAPIコールを可能にする組み込みのhttpsノードを持つバックエンド統合を完全にサポートしています。SQLやmongo dbと同様のネイティブインタラクションが可能で、Cognigyのgithubリポジトリにあるオープンソースの拡張機能をインストールすることで拡張インタラクションが可能です。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。