利用シーン

教育×AIチャットボット

教育業界における対話型AIの活用 や少子化による人手不足や働き方改革の推進など、さまざまな業界で業務効率化に向ける取り組みが進められています。そんな中、学校や教育業界においてもさまざまな改善が注目されています。
そこで今回は、具体的にどのような業務を対話型AI・AIチャットボットで改善できるのかをご紹介します。


対話型のAI(人工知能)が、さまざまな業務の効率化を実現します。

Cognigy

Cognigy(コグニジー)は人とサービスを言葉でつなぐことができる対話型AIプラットフォームです。
コミュニケーションの自動化や均一化された応答品質、スタッフ不足解消などを実現するために
様々なサービスやシステムとお客様をつなぎます。
今まで手が届かなかったサービスやリソースが不足して実現できなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。

Cognigyとは

教育における対話型AIの活用例

オンライン学習の学習サポート

オンライン学習ではそのシステムの使い方や学習の進め方自体に不慣れな場合が多く、使い方をサポートしてほしいというニーズが多く寄せられます。
オンライン学習システムの使い方やQ&AをAIに学習させれば、受講者がいつでも自由に質問が出来るチャットボットが作成できます。
オンライン学習における不明点を解消するためのQ&Aとしての使い方だけではなく、学習データと連携すれば「前回間違った問題をランダムで出して」「この問題の解説を知りたい」といったリクエストに答えることもできます。
また学習者の応答履歴データを蓄積、分析することも可能です。

詳しく見る


オンライン学習のモチベーション維持

オンライン学習は「継続的に学習する」というモチベーションを保つことも重要です。そこで、オンライン学習へのアクセス自体をサポートする方法として対話型AIが活用できます。
具体的には、スマートフォンのアプリケーションなどと連携してプッシュ通知や通話を行い、学習の継続やモチベーション維持に繋がるアプローチを行います。
AIがユーザーとの対話から現在課題に感じていることなどをヒアリングし「何が障壁となっているのか」を分析し、その解決策などを掲示することができます。CognigyはLINEやメッセンジャー、通話など、さまざまなチャネルとつなぐことができるので、受講者に合わせたさまざまなアプローチを行うことができます。

詳しく見る


入学手続きなどの問合せ窓口

学校の事務局は志願者の受付、入学の手続き、学生生活のサポートなど、幅広い業務に追われています。
特に入学シーズンや試験期間といった窓口が混雑する時期は問い合わせが増加し、窓口の職員の人手が不足します。これらの業務負担を軽くするために、これまで電話やメール、対面で受けていた問い合わせの窓口を全てAIチャットボットに置き換えることができます。
職員の代わりに対話型AIが対応することで問い合わせの自動化が可能となり、24時間365日の対応が可能になります。これにより対応品質の均一化を行うことも可能です。

このように学習や教育機関においてもAIチャットボットの導入によりその効率化や生産性の向上が期待できます。
特に今後IT化が進む教育業界では、オンラインにおける学習の効率化や一人ひとりに合わせた学習カリキュラムの最適化の重要度は高まると考えられています。

その中でCognigyがオススメな理由は、CognigyがAIチャットボットツールではなく対話型AIチャットボットを作成することができるプラットフォームであるという点です。
これまで対話型AIを作るにはプログラミングを行う必要があり、作成者にある程度のスキルを持っていることが前提とされていました。
しかし、Cognigyは優れたエディタ機能によりノンプログラマーの方でも短期間で拡張性の高い対話型AIを設計することができます。業務に必要なタイミングで必要なAIを業務担当者が開発することができるのです。
また、LINEや電話、メッセンジャーといった複数のチャネルに対応しており、それらから得た応答データをCognigy上で一元管理することができます。
リアルタイムに分析をしたりサードパーティ製品に連携するなど、1つのプラットフォーム上で管理運営できることが大きな強みです。

学習や教育機関でAIチャットボットやCognigyをどのように活用できるか、ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。 Cognigyのデモや詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。


教育×AIチャットボット 関連記事一覧