対話型AI Cognigy
よくある質問

対話型AIプラットフォーム「Cognigy(コグニジー)」に関するよくある質問とその回答をご紹介いたします。
Cognigyの導入や機能についてご不明点がございましたら、お気軽にお問合せフォームよりお問い合わせください。

対話型AIプラットフォームCognigy(コグニジー)とは

Cognigyとはなんですか
コンタクトセンターやコミュニケーション自動化のためのローコードAIプラットフォームです。
Cognigyの特長を教えてください
Cognigyは、チャットボットやボイスUIを構築・公開・運用管理・修正を行えるエンタープライズ会話自動化プラットフォームです。単純ルールベースのチャットボットから、SAP、Salesforceなどの業務システムとの連携まで幅広い業務に対応可能です。また、Cognigyは世界中のお客様に利用されており、保険、銀行、自動車、公益事業、小売、FMCG、製薬、小売、顧客商品などの業界が含まれており、それ以外の業界でも広がり続けています。
対話型AIプラットフォームとチャットボットの違いはなんですか
Cognigyは通常のチャットボットの単純なルールベースでの応答のみでなく、バックエンドシステムとコネクターやWeb APIなどを経由し連携したボットをGUIの操作のみで作成可能です。またLINE、Teams、Slack等の20種類以上のエンドポイントクライアントからの利用にデフォルトで対応しています。
競合他社との差別化を図る製品の主な特徴は何ですか?
1. 使いやすいグラフィカルな会話フローエディタにより、コードなしで会話を構築できます。専門的な技術スキルは不要です。
2. 意図認識のための業界をリードする精度を持つNLP(自然言語処理)エンジンを内蔵しています。
3. ドラッグ&ドロップでインストールできるオープンソースの拡張機能リポジトリ(SalesForce、ServiceNow、Microsoft Office365など)に対応したコネクタがあらかじめ用意されています。
4. SaaS、専用ホスティングまたはオンプレミスの展開オプションが豊富です。
5. コンタクトセンター統合のためのシームレスなライブエージェントハンドオーバー機能を有しています。
6. 迅速なプロジェクトの実施期間を可能にします。
7. 機械学習の不可知性(Watson、Dialogflow、LUIS、オープンNLPパイプライン用のビルトインコネクタ)
Cognigyが得意とするターゲット業界は何ですか?
Cognigyは業界にとらわれず、会話形式にて業務の自動化を行いたい組織に最適なソリューションを提供します。
Cognigyは、会話型AIプロジェクトを成功させるための様々な機能を備えており、迅速なスタートを可能にします。
Cognigyが提供する主なチャットボット構築機能は何ですか?
Cognigyは、会話の入力先であるエンドポイント、会話を理解させるNLU、会話のルールを定めるフロー、外部システムと連携するコネクター、動作検証の機能、公開忠のボットを運用する機能、ログデータ管理機能、オペレーターハンズオーバーなどチャットボットに必要な機能を全て取り揃えております。
ボット開発者が製品を使用するにはどのようなスキルが必要ですか?
Cognigyは非技術者向けに構築されており、最小限のプログラミング知識で使用できる会話構築、NLUトレーニング、サードパーティ統合ツールの包括的な選択を提供しています。多くのお客様は操作トレーニング後に、弊社が構築したサンプルボットを参考にしながらご自身でチャットボット構築しております。また、Cognigyは、技術ユーザーがお好みのIDEからコードでCognigyプロジェクトを構築するための完全な機能を備えた開発者CLIを提供しています。

対話型AIの作り方・構築について

仮想エージェントはどのくらいの速さで開発・展開できますか?
Cognigyでは、最初の基本的な仮想エージェントは、ログイン後数回クリックするだけで展開されます。これは、新しいユーザーがどのようにして始めるかを示すインツールテンプレートとユーザージャーニーを提供することによって実現されます。より複雑な会話の流れやバックエンドのインタラクションを追加し、エージェントを作成してから数時間以内にチャネルに展開することで、一から構築することができます。
仮想エージェント出力ダイアログはどのように作成され、管理されていますか?
会話フローエディタノードは、会話と仮想エージェント出力のロジックを制御します。「Say」ノードは、ダイアログ出力を管理するために使用され、エージェントが配備された各チャンネルの出力をカスタマイズするための組み込みメニューを含みます。サポートされているチャンネルのいずれかに出力するために、テキストとリッチメディアメッセージを自動的に再フォーマットするデフォルトのオプションも利用可能です。
製品はどのようにしてユーザーのメッセージを解釈し、出力ダイアログを管理しているのでしょうか?
Cognigyプラットフォーム内で作成されたプロジェクトは、シンプルなグラフィカル・ノードベースの会話フローを含む複数の「フロー」で構成されています。ユーザー・インターフェースは非技術者向けに設計されていますが、開発者のニーズを満たすためにオプションのコード・ノードを提供しています。フローは、ダイアログ出力、会話ロジック、コンタクト管理、外部通信などのオプションを備えた組み込みのノードコレクションを使用することで、非常に柔軟性があります。
チャットボットはいくつまで作成可能ですか
プランによって異なります。詳細は別途お問合せ下さい。

自然言語理解(NLU)について

製品にはNLUコンポーネントが含まれていますか?
Cognigy NLUは製品に内蔵されており、業界をリードする性能を提供します(ベンチマークあり)。NLUにはスマートインテント構築ツールが搭載されており、ユーザーの例文が機械学習を介してNLUモデルに学習されます。NLUの結果はフローエディタ内で公開され、ユーザーは簡単にテスト、レビュー、エージェントの開発を行うことができます。
外部のNLUサービスを製品で利用することは可能ですか?
外部のNLUは、Watson、MS LUIS、DialogflowなどのNLUサービスを利用して、インテント認識やスロットマッピングの柔軟性を高めることができるNLUコネクタ機能を利用して、Cognigy仮想エージェントと簡単に接続して利用することができます。
Cognigy NLUはユーザーの意図を認識するのにどのくらい効果があるのでしょうか?
Cognigy NLUは、ユーザーの意図を認識するために主要な業界の競合他社を凌駕することが証明されています。Cognigyは、技術者以外のユーザーが、シンプルで分かりやすいユーザーインターフェースを介して、訓練されたユーザーの例文に高度な機械学習アルゴリズムを適用することができ、市場をリードする精度でユーザーの意図を認識することができます。
NLUは、顧客との対話を理解し、学習することができますか?
Cognigyのバーチャルエージェントは、誤解されたフレーズを既存の機械学習インテントレコードに追加することで、常に理解度を向上させています。また、Cognigy インテントトレーナーを使えば、機械学習の精度を手動で向上させることも可能です。簡単にユーザーからの入力文を例文として追加できます。
外部のNLUサービスは製品で利用できますか?
Cognigyは、Watson、MS LUIS、Dialog flowなどの外部NLUサービスをCognigy仮想エージェントに統合するための完全なサポートとカスタマイズオプションを提供しています。NLUコネクタ機能は、NLUプロバイダに接続するための統合チャネルを提供します。一度設定すると、外部NLUは内蔵のCognigy NLUと並んでプラットフォーム全体で相互に交換可能になります。
多言語をサポートしていますか?
Cognigy NLUは現在20以上の言語に対応しています。汎用、デンマーク語、英語、ドイツ語、日本語、韓国語、スペイン語、オランダ語、アラビア語、フィンランド語、フランス語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、スウェーデン語、タイ語、中国語、ベトナム語、ポルトガル語。出力メッセージはどの言語でも構築可能で、会話フロー内に外部翻訳サービスを組み込むことも可能です。

多言語チャットボットの活用事例をこちらでご紹介しております。
多言語×AIチャットボット活用事例

コンタクトセンターの自動化

想定外の質問があった場合など人間のコンタクトセンターのオペレーターに会話を引き継ぐことは可能でしょうか?
Cognigyは組み込みのエージェント・ハンドオーバー・ノードを提供しており、ユーザーからのリクエストが仮想エージェントでは理解できない場合に利用できます。ボットはユーザーをオペレーター(本物の人間)に転送し、チャネルを変更せずに顧客を支援することができます。
テキストチャットと音声会話の両方に対応していますか?
CognigyはCognigy Voice Gatewayと呼ばれる音声チャネルコネクタを提供しています。この機能により、メッセージの入出力にテキストから音声へ、音声からテキストへのサービスをインラインで組み込むことで、任意の仮想エージェントフローを音声チャネルに展開することができます。同じ会話フローを任意の数の出力チャネルに展開できるので、1つのフローからチャットや音声で簡単に会話を管理できます。
会話の履歴やデータのコンテキストを人間のエージェントに送ることはできますか?
Cognigy仮想エージェントの会話は、エージェントのハンドオーバープロセス中に会話のトランスクリプト、会話データ、ユーザープロファイル情報の要約を転送するようにカスタマイズできます。これは通常、Odata分析レコードにアクセスし、フォーマット化されたトランスクリプトに要約することで処理されます。
自社サイトで使用しているデータやFAQを活用できますか
データを登録していただくことでご利用可能です。またボット内から当該FAQのページへリンクすることも可能です。

統合とカスタマイズ

外部システムとの統合は簡単ですか?
Cognigyは、非常に柔軟でカスタマイズ可能な企業向けソリューションを提供する包括的なプラットフォームパッケージです。内蔵ノードにより、コーディングなしで外部統合を作成することができ、ユーザーインターフェースにカスタム機能を追加することができます。さらに、すべてのCognigyの機能はAPIを介して外部からアクセス可能で、外部システムから有効化または作成することができます。
API連携可能なサービスはどのようなものがありますか?
HTTPリクエストによるものであれば任意の外部APIと連携が可能です。例えばGoogleマップの位置情報APIを用いた現在地からの経路検索などが可能です。
情報の取得・保存やプロセスの実行にはどのようなタイプの統合が可能ですか?
Cognigyは、会話の流れの中で情報を送受信するためのAPIコールを可能にする組み込みのhttpsノードを持つバックエンド統合を完全にサポートしています。SQLやmongo dbと同様のネイティブインタラクションが可能で、Cognigyのgithubリポジトリにあるオープンソースの拡張機能をインストールすることで拡張インタラクションが可能です。
顧客固有のツールを追加してユーザーインターフェースをカスタマイズすることは可能ですか?
Cognigyプラットフォームは、オープンソースの拡張フレームワークにより非常に柔軟性があります。これは重要な差別化要因であり、各エージェントにインストール可能な事前にパッケージ化されたカスタムフローノードを用いて、完全に統合されたボットを迅速に開発できます。拡張機能は、タイプスクリプトで書かれたフローノードをカスタマイズし、エディタメニューで利用可能な設定やノードが実行する実際の機能に加えて、ノードの外観(画像、色、タイトル)をカスタマイズできます。既存の拡張機能のオープンソースライブラリはCognigyのgithubページで利用可能です。

分析とデータログ

パフォーマンスや使用状況を監視するためのレポート機能はありますか?
Cognigyには、プラットフォーム内のユーザーに主要なチャットボットのメトリクスを表示するプロジェクト分析ダッシュボードが組み込まれています。会話データは、TableauやPower BIなどの外部可視化ツールにライブ会話データをインポートするために使用できるCognigy Odataフィードを介して利用可能です。
製品はどのようにユーザーが問題を調査し、サポートオプションを提供していますか?
Cognigyはプラットフォームとの通信を監視する完全な開発者ロギングを提供しています。Cognigyのオンラインリソースには、オンラインの製品ドキュメントや、オープンフォーラムで問題やプロジェクトを議論できるコミュニティディスカッションスレッドがあります。さらに、Cognigyのテクニカル・サポート・オプションはSLAで概説されており、各クライアントに合わせてカスタマイズされています。

セキュリティとデータプライバシー

仮想エージェントリソースへのアクセス制御など、ユーザー管理のための機能は含まれていますか?
Cognigyは、Azure Active DirectoryやGoogleなどのSSOプロバイダをサポートするユーザー管理モジュールを内蔵しており、エンタープライズに対応しています。アクセス制御モジュールでは、プラットフォームアカウントに対して、ロールベースの粒度の高いユーザー権限を作成し、付与することができます。
製品にはどのようなデータセキュリティ機能が含まれていますか?
Cognigyは、インフラレベルで環境のタイム・ツー・ライブ設定、暗号化トークン、チャット履歴保存制御オプションなどのデータセキュリティパッケージを提供することで、業界標準に準拠しています。

導入・サポート

価格について教えてください
ご利用の用途に合わせて、様々な料金プランをご用意しております。詳細はお問合せ下さい。
導入までの手順・時間を教えてください。
<弊社でチャットボットを構築してご納品する場合>
構築するボットの仕様や要件を確定させていただいたのち、弊社エンジニアがボットを構築し納品致します。
ボットの作成にかかる時間は構築内容によって様々ですのでまずはお気軽にお問合せ下さい。

<自社でチャットボット構築をする場合>
弊社クラウド環境をご利用の場合、アカウント登録のみですぐにボット作成コンソールをご利用いただけます。
作成したボットを既存のホームページ等に埋め込む場合、簡単なJavaScriptを追記していただくことで可能です。こちらは弊社エンジニアが別途対応することも可能ですのでご相談ください。

導入を検討するにあたって、サービスを試してみることはできますか?
可能です。より詳細な条件に関しては別途お問合せ下さい。また「利用シーン」の各ユースケースのページより、デモチャットをご確認いただけます。

利用シーン – 物流 再配達など配送サービスのデモ
利用シーン – 飲食 ハンバーガーのオンライン注文、オンライン決済のデモ
利用シーン – 医療 内科問診票のオンライン入力のデモ

製品にはどのようなトレーニングオプションがありますか?
Cognigyプラットフォーム内で見られるインタラクティブなユーザー・ジャーニーの他に、4つのレベルのトレーニング・コースがCognigyによって提供されており、会話型AIデザインの基礎から始まり、プラットフォームのより高度な機能を探求します。Cognigyは新規ユーザーがプロジェクトを構築するための練習用に無料のデモ環境を提供しており、各機能がどのように使用されるかを技術的なレベルで詳細に説明した完全な製品ドキュメントが公開されています。
開発、品質保証、本番展開のパイプラインをサポートしていますか?
Cognigyはスナップショット機能を提供しており、完全な仮想エージェントプロジェクトをステージ環境にエクスポートしてインポートすることができます。スナップショットに加えて、レキシコンライブラリやインテントレーニングレコードなどのエージェントNLUに属するリソースも、ステージ環境にエクスポートしてインポートすることができます。
どのようなデプロイメントオプションがサポートされていますか?
Cognigyは、コンテナオーケストレーターとしてKubernetesをサポートしたSaaS、ホスティング、オンプレミスのデプロイメントオプションを提供しています。これにより、Cognigyプラットフォームを顧客のリソース要件に合わせて自動または手動でスケーリングすることができます。
導入に必要な環境について
弊社のクラウド環境をご利用可能です。オンプレミスでの構築の場合はハードウェア等に関して一定の条件があり、構築の際に別途費用がかかりますのでお問合せください。
動作環境を教えてください
弊社クラウド環境の場合は通常のPCからご利用いただけます。推奨ブラウザはGoogle Chrome、Firefox、Microsoft Edgeです。オンプレミスで構築する場合はハードウェア等に関して一定の条件がありますので別途お問合せ下さい。

CONTACT US お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。

  • メールでのお問い合せ お問合せフォーム
  • デモンストレーション申込み
  • 資料請求フォーム