コグニジーとは

Conversational AI Platform

Cognigyとは、人とサービスを言葉でつなげることが出来る対話型AIプラットフォームです。
高度な自然言語処理と強力なプロセス自動化機能を融合し、最適なソリューションをご提供します。



特徴

対話型のAI(人工知能)が、さまざまな業務の効率化を実現します。

Cognigyは優れたエディタ機能により、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発可能とするプラットフォームです。GUIで直感的に設定でき、標準で外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。


  • GUI, 外部システムとのコネクターが標準でついているので、システム構築期間が非常に短い(Azure Bot Frameworkなどとの差別化)
  • 音声チャネルを含め、ネイティブでサポートしているチャネルが多い
    (Google DialogueFlow, Repl-AIなどとの差別化)
  • 対話型AIのシステム構成をフレキシブルにデザインできる
    (Amazon Connectなどとの差別化)
  • コミュニケーションの先の業務効率化につながる
    (キーワード: キャッシュレス, RPA, データ分析)


Cognigyでなにができるのか

  • 多機能な対話型AIが
    ノンプログラミングで
    簡単に作成できる
  • 対話型AIの
    プラットフォーム上での
    運用・メンテナンスができる
  • 蓄積された対話データが
    分析できる
  • コミュニケーションの自動化
  • コミュニケーションの最適化
  • コミュニケーションチャネルの拡大
  • 全体業務の効率化

課題解決例

サービス側

コミュニケーションコストが高すぎる
・社内問合せが多くて業務に支障をきたしている
・カスタマーセンターにおいて人手が足りない
・FAQが用意されているのに使ってくれず、結局電話対応をしている

カスタマー側

コミュニケーションが取りたいときに取れない
・いますぐ回答がほしいのに、電話に出てくれない
コミュニケーションの質が悪い
・人によって言っていることが違う (当たりはずれがある)
・いちいちボタンを押したり面倒

COGNIGY

  • コミュニケーション自動化によるコスト削減
  • コミュニケーション自動化・チャネル拡大・
    最適化によるカスタマーエクスペリエンスの向上


機能


自然言語理解
最先端の機械学習を搭載

GUIエディタ
短期時間での構築が可能

オンプレモード
クラウド/オンプレの選択可能

リアルタイム分析
リアルタイムに対話データを分析可能

マルチインターフェイス
様々なアプリ/ディバイスと接続可能

多言語対応
15カ国語に対応

拡張性
API連携可能


導入実績

人とサービスを言葉でつなげることが出来る対話型AIプラットフォーム「Cognigy」。
高度な自然言語処理と強力なプロセス自動化機能を融合し、最適なソリューションをご提供します。


導入までの流れ

対話型AIへ適応する課題の理解から、設計、データ準備、開発、導入/運用までの各フェーズをご支援致します。また、ご要望により、専用のAIモデルも構築致します。

図:導入までの流れ


CONTACT US お問合せ

導入のご相談やご質問など、
以下よりお気軽にお問合せください。

  • メールでのお問い合せ お問合せフォーム
  • お電話でのお問合せ 03-6383-33261