事例デモ動画

行政サービスのチャットボット活用事例 – 失業手当をよりスムーズに申請

行政の対応窓口でチャットボットを活用 – 失業手当をよりスムーズに申請

コロナ禍で大幅にシフトがカットされてしまう、失業率が上昇、などというニュースは毎日のように耳にします。このように生活様式が変化する中で海外ではすでに対話型AIチャットボットを使用して、行政での保障申請をより効率的に改善する動きが見られます。
失業などの緊急性が高い場面では、より迅速な対応が求められます。失業者の多くは次の仕事を探す間、行政の雇用相談窓口にて手当を受給するという流れが一般的です。しかし、実際に申請する人の多くは、手続きをしたことがない、初めて行政での手続きをする、という人が多いのも事実です。

このように複雑かつ重要な場面でのサポート需要が急激に増加した影響を受け、チャットボットによる自動化が注目を集めています。よりスムーズで迅速な窓口体制を整える為に、どのようにAIチャットボットが利用されるかをご紹介します。

リモート化が進む中、行政だけでなく、様々な企業でも自動化知能やロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)技術を利用して、社内問い合わせや外部対応でチャットボットを使う場面が増えています。

対話型AIチャットボットは多言語にも対応しており、自然言語処理機能を備えています。
チャットボットで自動化を行えば、ユーザーは質問をし、必要な情報を得るだけでなく、必要事項の記入、フォームを提出という一連の作業をいつでも、どこでも簡単に行うことが可能となるのです。ウェブサイトだけでなく、SMSやメッセージアプリとの連携も可能なので、案件に適したチャンネルにてリアルタイムに対応することができます。

チャットボット導入による自動化では、人員の削減が見込めるだけでなく、紙ベースで大量の情報を受理し、手動で入力する手続きをデジタル化してくれます。より簡単で正確に情報を扱うことができるだけでなく、外部システムとのデータの共有も可能なので、手続きの幅が広がります。

こちらのビデオでは、チャットボットを使ってユーザーが質問、必要事項を送信し、書類の提出や身分証明書のスキャンまで行えることがご覧いただけます。

コストを削減しつつ、あなたの社員や市民をより効果的にサポートする際、チャットボットによる自動化は欠かせないツールとなります。

ビデオでの例のような失業手当だけでなく、緊急事態宣言や自然災害が発生した場合、市民は瞬時になにが起きているのかだけでなく避難所情報や復旧支援などのフォローアップ情報をリアルタイムで受け取る必要があります。
対話型AIチャットボットの力で、情報の発信、問い合わせを行えるプラットフォームを設立していくことは大変重要です。

迅速で効果的な自動化ソリューションを提供することは業界を問わず求められている課題でもあります。平常時には、オンラインショッピングや観光インフォメーション、アポイントメント予約など様々なプロセスをチャットボットで行うニーズも高いはずです。

これらの自動化ニーズにCognigyはお答えします。
Cognigyは業界でも屈指の高い機能性とユーザーフレンドリーなプラットフォームを兼ね備えた対話型AIチャットボットです。
Cognigyを使って、あなたの社員、カスタマー、市民の暮らしをより良いものへと変えていきましょう。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。Cognigyのデモや詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。