事例デモ動画

AIチャットボットのセキュリティ対策(2段階認証)

多要素認証 – 対話型AIチャットボットのセキュリティに対する取り組み

カスタマーがオンラインでフォームを入力する時、注文を確定する時、チャットで問い合わせを行う際など、ボットサービスを導入する事例ではエンドユーザと企業が安全に情報を扱うために本人確認を徹底する必要があります。
個人情報が扱われるいかなる場合でも、多要素認証(MFA)の利用を検討することがベストプラクティスでしょう。中でも2ファクタ認証(2FA)は、MFAの一般的な実装であり、ユーザーはチャットボットを通して簡単に、かつ安全に本人確認を行うことができます。

バーチャルサービスを作り上げる際に、安全に個人情報を扱うことが可能なのはもちろんのこと、様々なチャンネルとの連携を求められるケースが多いです。企業の特設ポータルにIDとパスワードを入力しログインをすればセルフサービスにアクセスできる仕様のサービスを現在利用している方も多いのではないでしょうか。
このような受動的なサービスではなく、利用者が好むプラットフォーム、電話やメッセージアプリなどから同じセルフサービスにアクセスできる状態を実現した企業は多くありません。企業側に合わせたサービスではなく、ユーザーが好むチャンネルにスムーズに移動して24時間365日サービスを利用できることがさらなるバーチャルサービスの発達を目指す上で求められています。
様々な選択肢の中からユーザーを導き、摩擦のない簡単な認証を導入することが、カスタマーエクスペリエンス向上の鍵です。

対話型AIがSMSコードを使用し2ファクタ認証プロセスを行う様子をビデオでご覧ください。ウェブサイト、チャットアプリ、Eメールなど様々なチャンネルを通して安全にボットを活用することができるCognigyのお問い合わせはこちらからどうぞ。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。Cognigyのデモや詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。