対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

自然言語処理(NLP)

自然言語処理(NLP)は、人間の自然言語と機械との相互作用を扱う技術の一分野です。
NLPはコンピュータサイエンス、人工知能、言語学を活用して、機械が音声やテキストを認識し、意味のある応答をすることを支援します。NLPは皮肉など人間の言葉のニュアンスや微妙な言い回しを考慮する必要があり、非常に高度で難しい技術とされています。

NLPは1950年代から存在していましたが、その能力は限られていました。歴史的には大規模なハンドコーディングに頼っており、現在よりもはるかに制度が低いものでした。
しかし、機械学習の進歩、コンピュータの性能とデータの可用性の向上により、近年、NLPは広く利用される技術となりました。

迷惑メールのフィルタリング、ボイスメールのテキスト化、音声アシスタントなどに広く活用されている技術であり、ほとんどの人が毎日NLPの恩恵を受けています。
また、NLPは医療、金融、小売など多くの業界で利用されています。NLP技術は急速に発展し続けており、将来的には複雑なアプリケーションの重要な要素となるでしょう。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。