対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

ローコード

ローコードとは、アプリケーションの作成や設定にグラフィカルなインターフェースを活用するソフトウェア開発手法のことです。グラフィカルで視覚的・感覚的に操作ができるUIのことをグラフィカル・カンバセーション・エディターと呼びます。

ローコード・アプローチでは、広範で深いハンドコーディングやコンピュータ・プログラミングの知識を必要としません。従来はプログラマーが必要だった複雑な作業を技術者ではないビジネスユーザーやドメインエキスパートがおこなうことができます。

ローコードはソフトウェアの開発期間を短縮し、開発者や専門家が貴重なリソースを解放し、アジャイルフレームワークの中でソフトウェアを容易に反復することを可能にするため、組織にとって価値のあるアプローチです。

これにより製品の市場投入までの時間を短縮し、製品のスケーラビリティを拡大、ビジネスの柔軟性を高めることができます。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。