対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

エンタープライズ・グレード

エンタープライズ・グレード(Enterprise-grade、Enterprise-readinessとも言う)とは、大企業がソフトウェアを開発する際に必要とされる機能や前提のことです。

エンタープライズグレードの対話型AIプラットフォームを導入する際に重要なのは、スケーラビリティ、どんな負荷でも高いパフォーマンスで動作する適応能力です。費用対効果の高いスケーリングのためには、ハードやソフトウェアのコストだけが決定的な要因ではありません。
ビジネスユーザーにとっての直感的な操作性は、トレーニングの手間を省き、部門や子会社への展開を容易にします。

開発者にとって使いやすいアーキテクチャにより、対話型AIの取り組みを俊敏かつ段階的に進化させることができ、プロジェクトベースのアプローチからより持続可能な製品ベースのモデルへと移行できます。
操作性や拡張性だけでなく、高度なレポート機能やモニタリング機能、セキュリティ、コンプライアンス、データ保護に関する信頼性、複雑なユーザー管理のサポート、バックエンドとフロントエンドでの複数言語の取り扱いが可能か、などエンタープライズグレードには様々な要件があります。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。