対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

グラフィカル・カンバセーション・エディター

グラフィカル・カンバセーション・デザイナーは、ローコードのカンバセーションAIユーザーインターフェース設計の中心的存在であり、フローやノードを組み合わせることで全ての会話の流れを一箇所で管理できます。
個々の会話ステップはフローエディターで設計されます。
対話型AIエージェントを設計する人と実際のビジネスオペレーションでアプリケーションを活用する人は必ずしも同じではありません。なので、誰でもユーザー目線の会話を作成できるように使いやすいUIであるグラフィカル・カンバセーション・エディターが選ばれています。

その結果、会話はエディター内で直接、柔軟かつ迅速に設定・展開でき、ビジネスユーザーはコーディングの知識がなくてもアジャイル開発に携わることができます。
さらに発展したコンセプトでは汎用的な対応だけでなく、柔軟な意図の認識と情報収集プロセスを組み合わせることで、より複雑で専門的なインタラクションを処理すると同時に、対話型 AIプラットフォームやサードパーティのシステムが自動で処理を可能とする高度に構造化されたデータを生成できます。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。