対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

一般データ保護規則(GDPR)

一般データ保護規則(GDPR)は、EUにおけるデータ保護とプライバシーに関するガイドラインを定めた法的枠組みです。
GDPRは2018年5月に制定され、組合全体に適用されます。GDPRはデータ保護指令に代わって、企業がEU市民の個人データを保護する方法を示す主要な法律となりました。

GDPRは米国をはじめとする多くの国のデータ保護法よりもはるかに包括的で厳格なものです。GDPRの主な目的は個人情報保護法を標準化し、個人のデータ保護とプライバシー権を強化することにあります。
GDPRはデータ収集からデータ転送、データ破棄まで、データ利用のあらゆる側面を規制しています。GDPRはデータ保護とプライバシーに関する指針の典型であると考えられており、日本、アルゼンチン、韓国など多くの国のデータ法のモデルとなっています。

チャットボットなどの対話型AIエージェントはエンドユーザーの個人情報を扱うことが多いため、GDPR規制に準拠する必要があります。GDPR規制に従わないと、多額の罰金や法的手続きのためのコストが発生します。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。