対話型AI Cognigy
AIチャットボット用語集

バーチャルエージェント

バーチャルエージェントとは、人工知能、機械学習、自然言語処理を用いて、ユーザーの質問や懸念に対応するコンピュータで生成されたプログラムのことです。

バーチャル・エージェントはお客様の質問に知的に応対し、必要に応じて追加情報を提供したり人間のエージェントにお客様を案内できます。
バーチャル・エージェントは、アニメーションやキャラクターとして登場することもあれば、名前と顔を持つ人間のサービス・エージェントとしてのアイデンティティを与えられることもあります。また、バーチャル・エージェントはテキストベースの顧客との対話をバックグラウンドで処理し、一部の会話や受け答えの中で実際の人間のエージェントを装うこともできます。

顧客満足度を高めるためには、バーチャルエージェントと人間のエージェントをシームレスに切り替え、AIの技術で人間のエージェントを継続的にサポートすることが重要です。バーチャルエージェントは電話、メッセンジャー、ウェブチャットなど、さまざまなデジタルチャネルで人間とコミュニケーションをとることができます。

バーチャルエージェントは24時間365日稼働し、顧客の待ち時間を短縮し、サポートの一貫性を高め、ヒューマンエージェントをより複雑な作業に優先することで、ビジネスの成長を可能にするため、価値のあるビジネス投資となります。

対話型AIプラットフォーム
Cognigyとは

Cognigy

CognigyはGUIで直感的に設定できる優れたエディタ機能を持ち、短期間で拡張性の高い対話型AIを設計・開発できるプラットフォームでです。
外部連携コネクターを多数サポートしているため、対話型のシステムをフレキシブルにデザイン・運用することができます。

次世代のカスタマーサービスを
対話型AIプラットフォームCognigyで体験

今後対話型AIはさまざまな業務の自動化に欠かせない存在となっていきます。
優れた顧客サービスを低コストで実現する、Cognigyをご体験ください。