新着情報

飲食×AI – 対話型AI活用による飲食業界のホスピタリティ向上

人口減少に伴う労働者数の減少や人件費の高騰によって外食産業では慢性的な人手不足が深刻化しています。近年は人手が確保できずに営業時間を変更せざるを得ない状況になるなどその深刻度は増しています。対話型AIを飲食店で活用することで、業務効率化や生産性の向上により人手不足の解消が期待できます。
今回は対話型AIプラットフォーム「Cognigy(コグニジー)」を導入することで飲食業界の業務やサービスにどのような変化をもたらすことができるかをご紹介いたします。

Cognigyは短期間で拡張性の高い対話型AI(カンバセーショナルAI)を
設計・開発可能とするプラットフォームです。
詳しくはこちら

セルフオーダーシステム×AI

居酒屋を中心にタッチパネルなどの専用注文端末によるセルフオーダーシステムが普及しています。これにより従業員は調理や料理のサーブ等の対応に回ることができるため、少ない人数でも店舗を運営することが可能になります。
タッチパネルの導入には大規模に費用が必要となりますし、リース費用がかかることが多く維持費も負担となるでしょう。
そのほか、タッチパネルによる注文はお客様の状況や注文内容に合わせたレコメンドができなかったり、機械操作に不慣れな客にはストレスを与えるといった影響もあります。

そこで、タッチパネルが実現している労働時間を減少させる省人化はそのままに、対話型AIの導入で業務をより効率化する方法があります。タッチパネルの代わりにQRコードを記載したパネルをテーブルに設置します。

QRコードによる注文

顧客は自分のスマートフォンでそのQRコードを読み込みます。するとスマートフォンが注文するパネルに変わり、メニューを選んだり、チャット形式や音声会話形式で注文を行うことができます。自然な会話を通して注文ができるため、顧客は複雑な操作を覚える必要もありません。
セルフオーダーシステムは蓄積したデータを元に、顧客の注文内容に応じたレコメンドや注文開始からの時間に応じて顧客の好みにあった追加の飲み物やデザートを勧めするなど、訪問履歴データを活用して顧客に合ったオススメをご紹介することも可能です。
QRコードを読み取る方法以外にもアプリに搭載することで同様のサービスを行うことも可能です。
アプリであれば顧客のあらゆる情報と連携することができるので、再来店促進やキャンペーン告知などプロモーションに活用することもできるでしょう。

居酒屋だけでなくファーストフードやカフェなどでも、座席に設置されたQRコードを読み込んで注文を行い、カウンターで注文の品を受け取れば並ぶ必要はありません。
またスマホ決済などと連携することで、そのまま電子決済で支払いまで完了させることも可能です。

また多店舗展開を行っている飲食店では、店舗ごとに情報が分断されていることも多く、来店者情報が統合できていない場合があります。
Cognigyはプラットフォームの長所を生かし、Cognigyを中心に複数店舗のデータを統合して分析することができます。
顧客ベースや店舗ベースで横断して分析をすることができるので、顧客の満足度向上や適切な調材管理、プロモーション最適化などにつなげることができます。

インバウンド(観光客)への対応

近年は訪日外国人観光客が増加しており、多言語への対応が急務となっています。従業員による多言語対応はもちろんのこと、メニューや店舗内の案内といったあらゆる表記を多言語化が必要となります。
多言語に対応するためのバイリンガルスタッフの雇用や教育はコストも時間がかかり中小企業や小規模の飲食店にとっては難しい場合も多いでしょう。
15ヶ国語の多言語に対応しているCognigy(コグニジー)がこの課題を解決します。
来店時の対応やメニューの注文といった定型化している応答であれば、対話型AIが代わりに多言語対応で行うことが可能です。
また、1つの対話型AIを作成すればそれを複数の言語で使用することができるので、作成側が多言語を使える必要はありません。

詳しくは「AI翻訳活用事例・多言語対応型チャットボット」をご覧ください。

電話予約の受付

個人経営など小規模店舗では人手不足が深刻な場合が多くあります。人手不足のために予約の電話がかかる度に業務を中断され、生産性の低下につながっていました。とくに飲食店では調理中等の場面も多く、そのたびに作業を中断しなければならないことは大きなストレスとなっていました。
この予約の電話を対話型AIが代わりに対応します。
予約電話をAIが対応し、顧客から希望の日時やコースをヒアリングして予約の受付を行います。その際、予約カレンダーを参照することができるので、電話をAIだけで完結することができます。予約が確定するとその内容がSMSなどで担当者に送られます。その内容を担当者が承認し予約が確定します。
このようにスタッフは手が空いているときに自分のタイミングで予約の確認ができるため業務を中断させる必要がありません。
また自社のデータベースなどと連携することで、AIが既存顧客か新規顧客かを判断することが可能です。新規顧客であれば店への簡単なアクセスを案内したり、既存顧客であれば前回とは違う料理コースをレコメンドするといったことが可能になります。

詳しくは「AI電話予約受付」をご覧ください。

飲食店での業務マニュアル

また飲食業界は慢性的な人手不足だけではなく、人の入れ替えが激しいことも特長の1つです。
人材育成にかかる時間やコストは店舗にとって負担となっています。この教育コストの削減や、新しく雇用した人材を短期間で即戦力にするために対話型AIの業務マニュアルが活躍します。
業務マニュアルを対話型AIに学習させることで、新人の担当者は不明点があれば、その都度AI業務マニュアルを参照します。
人による教育の一部を対話型AIにより行うことで教育にかかるコストを削減できるだけではなく、これまで人により業務知識や経験で偏りが生じていた業務を標準化することができるので一定のサービスレベルを保つことができます。
また業務マニュアルはAIによる学習で常にアップデートされていくため、新しいルールなどにも適応することができます。

まとめ

このように飲食業界で抱えている課題解決や、ホスピタリティの向上に対話型AIはさまざまな解決策を提供します。
現在、さまざまな企業が対話型AIのツールやサービスを提供していますが、対話型AIプラットフォーム「Cognigy(コグニジー)」はプラットフォームのため比較的簡単に対話型AIを作成できる点や複数の対話型AIを1つのプラットフォームで運用できることが特長です。

Cognigy

これまで対話型AIを作るにはプログラミングを行う必要があり、作成者にある程度のスキルを持っていることが前提とされていました。
しかしCognigyは優れたエディタ機能により、ノンプログラマーの方でも短期間で拡張性の高い対話型AIを開発することができます。
業務に必要なタイミングで必要なAIを業務担当者が数日で開発することができるのです。
また、Cognigyは企業のあらゆる業務を効率化するための複数の対話型AIを1つのプラットフォーム上で作成、運用することができます。
AIコンシェルジュが応対した顧客のさまざまなデータは、サービスや顧客満足度改善のヒントになる情報がたくさん眠っています。
例えば、電話予約の受付や来店時のセルフオーダーでやり取りした会話のデータを自社ホームページのWEBチャットボットやプロモーションのターゲティングデータとして利用するといったように応答のデータを様々な企業の強みに変えることができるのです。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。
Cognigyのデモや詳細をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。