事例デモ動画

対話型AIによる航空会社のセルフサービス事例

航空会社のAI事例

あなたのトラベルをオムニチャンネルで支援

片手にバッグ、反対の手に携帯電話を握って空港のカウンターに並んでいる自分を想像してみてください。旅行者が対面の窓口に並ぶのではなく、自分のデバイスから自分の確認したいタイミングでフライト状況をチェックしたいと感じるのは当たり前です。

航空会社は乗客の満足度を高める目的だけでなく、オペレーションの効率を改善するために、チャネルの垣根を超えた対話型AIチャットボットの導入に価値を見出しています。航空会社の一番のフォーカスは、お客様の立場に立って、より質の高い体験を、より簡単に、より速く提供することです。対話型AIチャットボットの使用で、カスタマーだけでなく自社スタッフのストレスも軽減する、オムニチャンネルサービスを展開することができます。

こちらの1分間のビデオでチャットボットを利用した航空セルフサービス例をご覧ください。

空港のラウンジや移動中にお客様がお持ちのデバイスでメッセージアプリを使用してCognigyを開けば、ユーザーが自分の言葉でコミュニケーションをいつでも始めることが可能です。

リアルタイムに最新のデータと連携することでCognigyはユーザーが必要な情報を入手し、状況に合わせて様々なチャネルで包括的なエンドツーエンド (E2E、End to End) トランザクションを完了できるよう支援いたします。

対話型チャットボットCognigyがどのようにして会話を発展させ、あらゆる音声、またはテキストチャネルでのアウトプットを行うか、ぜひデモでご覧ください。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。Cognigyのデモや詳細な資料をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。