新着情報

LINEでのAIチャットボット活用

Cognigyは短期間で拡張性の高い対話型AI(カンバセーショナルAI)を
設計・開発可能とするプラットフォームです。
詳しくはこちら

LINEを使用するメリット

電話やメール、メッセンジャーといったチャネルの中でもLINEを顧客との接点として活用する自治体や企業が増加しています。
LINEのメリットとしてユーザーの利用率が高いこと、ユーザーが操作に慣れていて新たな操作を覚える必要がないこと、気軽に使用できることが挙げられます。
また、専用のアプリケーションをインストールしていなくてもスマートフォンの位置情報に応じてプッシュ通知を送ることができるので、O2OやOMOのマーケティングチャネルとしても活用することができのも大きなメリットです。

企業によるLINEチャットボット活用

企業では、問い合わせの窓口や診断ツールとしてLINEを活用している事例がいくつか存在します。
例えば、ECサイトの問い合わせの窓口として活用する場合、注文方法や配送、返品や交換などの利用方法をAIチャットボットに学習させます。AIはLINEに寄せられる質問やその答を通じて学習し、ユーザーが必要としている情報を返したり、必要に応じてWEBサイトへ誘導します。

また、問い合わせ内容によってはオペレーターとの会話が必要な場合もあるでしょう。
そういった場合は、LINE上でやり取りした応答履歴をオペレーターに引き継ぎます。オペレーターは対話履歴の状況を把握しながら回答を行うことができるのでオペレーターの負担軽減に繋がります。また、ロスのない引継ぎはユーザーにとってもストレスフリーとなり、効率的にオペレーターとやり取りを進めることができるので、顧客満足度向上に繋がります。

また、診断ツールとしてLINEのチャットボットを活用している企業があります。
例えば、不動産業です。不動産賃貸サイトを運営する企業のLINEアカウントにユーザーが希望の条件を入力していきます。すると自動的に該当する候補の物件を表示してくれたり、生命保険会社のLINEアカウントに誘導し、会話形式で質問に答えていくと最適な保険のシミュレーションを掲示したりすることができます。

それに加え、AIチャットボットを搭載したLINEアカウントでは、その次のアクションにつなげることができます。
例えば、不動産サイトでは希望の不動産物件を表示するだけでなく「この物件の内覧を予約しますか?」といったコミュニケーションをプラスして、近隣の店舗への来店予約を促すことも可能です。ユーザーが内覧予約を希望すれば、AIチャットボットがそのまま来店予約カレンダーを参照しながら予約を取ることも可能です。
企業から個人への一方的な情報の提供だけでなく、対話を通したコミュニケーションで顧客への次のアクションを提案することができるのです。

\こちらもオススメ/
オムニチャネル戦略におけるAIチャットボットの活用

自治体によるLINEチャットボット活用

企業だけでなく、自治体や行政にもLINEを活用した行政サービスの提供が広がりつつあります。
例えば、横浜市や福岡市の公式LINEが提供している「ごみの分別」に関するLINEチャットボットです。
利用者が捨てたいものを入力すると、資源ごみや燃えるごみなど分別を答えてくれます。自分が捨てたいものを入力するだけで分別方法を知ることができるその手軽さから、利用者には好評を集めています。
このLINEボットは事前に学習させた分別の情報を元に回答を返していきますが、さらにこの機能にAIを搭載することで回答精度を自動でアップデートしていくこともできます。
ゴミ分別以外にも、住まいや年金、福祉といったさまざまな情報で同じような活用ができるでしょう。

また、自然災害発生時に役立つ情報を提供するAIチャットボットの提供なども進んでいます。
罹災証明に必要な情報や生活再建に必要な情報、ライフラインの復旧に関連する情報をLINEのチャットボットで提供することができれば、被災状況に応じた情報をリアルタイムに得ることができます。
LINEのAIチャットボットは行政の窓口と異なり、24時間対応することができるため、時間による制限をうけないことも大きなメリットです。

\こちらもオススメ/
自治体・行政でのAIチャットボット活用

対話型AIプラットフォームCognigyの特長

対話型AIプラットフォームCognigyをLINEチャットボットとして活用する場合、一般的なチャットボットと比較して下記のような特長があります。

Cognigy

1.対話型AIプラットフォームである点

なんといってもCognigyは対話型AIチャットボット生成ツールではなく、対話型AIプラットフォームである点が最大の特長です。
これまで対話型AIを作るには、プログラミングを行う必要があり、作成者にある程度のスキルを持っていることが前提とされていました。
しかしCognigyは優れたエディタ機能により、ノンプログラマーの方でも短期間で拡張性の高い対話型AIを設計することができます。つまり、業務に必要なタイミングで必要なAIを業務担当者が開発することができるのです。
またCognigyは簡単にAIチャットボットの作成や修正が可能なだけではなく、LINEや電話、メッセンジャーなど複数チャネルのデータを一元管理することもできます。

2.多言語対応

Cognigyの利点として、まず挙げられるのは多言語に対応していることです。
訪日外国人や日本に居住する外国人の数は年々増加しており、多言語に対応することは必須となっています。Cognigyは現在15ヶ国語の言語に対応しているため、利用者の言語に合わせた応答を行うことができます。
主要言語に対応していることで、多くの訪日外国人に対応することができます。

3.AIチャットボットによる自動アップデート

またAIチャットボットでは、単純な応答だけでなく自動的に応答履歴から学習を行い応答自体をアップデートすることができます。
事前に学習していない質問に対してAIチャットボットは回答することができません。
ただし、一度答えられなかったり応答内容が利用客にとって満足いくものでなかった場合は、その応答履歴から自動的に学習することが可能です。
AIの学習内容の正確さを担保するためにも、ある程度人による定期的なメンテナンスが必要ですが、自動的なアップデートを繰り返していくので使用すればするほどメンテナンスの頻度は少なく、正確性の高いAIチャットボットに成長していきます。

まとめ

普及率が高いLINEは、導入のハードルが低くこれからも自治体や企業などさまざまなアカウントでチャットボットが活用されていくでしょう。
AIを搭載したLINEチャットボットを業務効率化やサービスの改善に役立てたいとお考えのご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

対話型AIプラットフォームCognigyについて

今まで手が届かなかったサービスをAIがあなたの代わりに実現します。
Cognigyのデモや詳細をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。